中学受験を始める時期|志望動機の書き方や中学受験について把握する【受験をサポート】

中学受験で得られるメリットや取り組む時期などを徹底解説!

人気を集めている「中学受験」

最近では中学受験に取り組む親子が増えています。試験や面接をしないと入学することが出来ない私立校でしか得ることが出来ないメリットや魅力があるので、中学受験が注目を集めているでしょう。ここでは中学受験のメリットや取り組む時期などを確認してみると良いですよ。

ここが魅力!中学受験で感じるメリットBEST3

no.1

中高一貫性の学校に入学できる

中学受験で受ける私立校のほとんど中高一貫となっています。中高一貫なので高校受験を行なう必要がありません。また、6年間伸び伸びとした学校生活を過ごすことが出来ることもメリットと感じる人が多いでしょう。

no.2

学校ごとに異なる教育理念やカリキュラム

私立校ならではの教育理念やカリキュラムが用意されているので、子供にあった学校で勉強をさせることが出来ます。学校によっては、英語教育に特化しているところなどあるので、色々とチェックしてみると良いでしょう。

no.3

大学受験に便利

進学校では早い段階から大学受験に向けて対策を行なってくれます。また、周りと切磋琢磨しながら受験勉強をすることが出来るので、受験勉強もはかどるでしょう。中学受験にて進学校に入学することで、次の大学受験まで有利になれます。

中学受験を始める時期

生徒

小学4年生から始めよう

中学受験に挑戦してみたと思った場合に、いつから対策や塾に通った方がいいのか気になりますよね。基本的に中学受験を目指すなら小学4年生のころには塾に通っていた方が良いと言われています。4年生のころから塾で受験対策をしていくと、必然的に学力レベルなどは向上します。なお、小学4年生を過ぎていても大丈夫ですが、早め早めの対策が大事となっていますよ。

低学年の場合は

早いうちから中学受験を意識している場合、小学1~2年のころから塾に通わせることもあります。早めの段階で塾に慣れさせるのは良いですが、低学年の場合は学習習慣を身に付けさせることが大事になります。子供が低学年のうちから中学受験を視野に入れているのであれば、まずはきちんと勉強をする意欲や姿勢などを見てあげましょう。

塾の開講時期に入るのがおすすめ

中学受験を行なう場合は塾に通うことが必須になりますが、通う時期にもおすすめがあります。それは塾の開講時期に合わせて入塾することです。開講時期では授業についていけないなど心配せずに通わせることが出来ますよ。また、季節のはじめには塾の講習会などあるのでそれに参加してみるのも良いでしょう。